錦糸町ライフ

文系が錦糸町のIT仕事に就きました。一人暮らしをエンジョイしつつメモしていくそんなサイト

デロンギのサブスクは果たしてコスパがいいのか検討してみた。

コーヒー毎日5杯以上飲むマンです。

なのである程度はこだわりたいです。

(ハンドドリップ)

 

でも時間がないのでコーヒーメーカをいいヤツにすることにしました。

今回はデロンギのコーヒーメーカと豆が届くサブスクを検討しました。

 

 

kaden.watch.impress.co.jp

 

デロンギ・ジャパンは、サブスクリプションサービス「ミーオ! デロンギ(MIO! De’Longhi)」の新規契約を2月15日に再開したと発表した。初回手数料が3,980円で、1カ月あたりの価格は3,900円から。

コーヒーマシン「ECAM22112」を無料で貸与し、毎月もしくは隔月でコーヒー豆を届ける定額制サービス。毎月4,500円、もしくは隔月7,800円で、イタリア「ムセッティ」のコーヒー豆が自宅に届く。2020年11月末にサービス開始後、想定以上の申込があり新規契約を一時停止していた。

最低契約期間は2年間で、契約満了後はコーヒーマシンの所有権がサブスクリプションサービス契約者に移る。

ECAM22112はデロンギのエントリーモデルで約54000円。
アウトレットでも行かない限り最安値は狙えなさそう。

 

デロンギサブスクの諸費用と豆のお値段

2年間の諸費用

初回手数料(3980円)と2ヶ月毎7,800円(250g*6袋)✕12ヶ月(2年分)が実際にかかる費用。

 

 

 

f:id:akghuaiooajt:20210217021704p:plain

最安値は43820円

普通なら月額2250円がコーヒーメーカ代。

コーヒー豆とデロンギのコーヒーメーカー2年分が97580円。*1

デロンギコーヒー豆の値段

本体代金の54000円を引くと2年間にコーヒー豆代金として43580円。

1年間だと21790円。1ヶ月あたり約1815円。

デロンギのサブスクだと一袋250gで6袋分を2ヶ月毎に提供してくれる。

つまり2ヶ月1500gで1ヶ月750g。

 

澤井珈琲と比較

インターネットのコスパコーヒー豆と言ったら澤井珈琲なのですが、

1500gで2,685円(送料無料)なので1ヶ月だと900円*2

単純計算で3倍の値段である。

 

paypaymall.yahoo.co.jp

 

コーヒー豆激安のカルディと比較

カルディの周年セールで全部の豆が半額になるので

カルディスペシャル(カルディの豆の中でほぼ最安の豆)が約500円/200g。

半額で250円/200g。

豆値段のまとめ

デロンギのサブスクが初期費用を除き、

コーヒーメーカーと送料がただなので豆だけの値段では以下の通り。

 

デロンギ:1815円/1500g(二年縛り・送料無料)

カル半額:1875円/1500g(1年に一度しかない・直接店に行かないといけない)

澤井珈琲:2685円/1500g(年中セールしている・送料無料)

 

 

公式サイトは以下。

mio-delonghi.jp

 

デロンギのコーヒーメーカは5万の価値があるのか?

barista.delonghi.co.jp

個人的デメリット

  • でかい(W238×D430×H350)ミニタワーケースじゃんw
  • コーヒーフィルターじゃない。(カスを捨てる手間がありそう)
  • 保温・一気に抽出して水筒に移し替えってのができなさそう。

 

ほかは全部メリット。

  • 全自動
  • ミルク関連のアレンジ可能

 

 

総評

2年縛りがキツいが、デロンギのコーヒーメーカと

格安コーヒー豆が定期的に勝手に届くのは強い。

ちなみにでかいとか、使いづらいなどで途中でやめようとすると

解約金と返品があるので絶対に損する。ので、覚悟は必須。

 

また、契約者特典がある。

f:id:akghuaiooajt:20210217025819p:plain

  • 二年間無償保証
  • 追加コーヒ豆特化
  • バリスタによるオンラインコーヒー講座

など 

*1:3980+7800*12=97580。ちなみに1年分だと48790円。

*2:3ヶ月分が2700円